ヒマワリ、いつもより2週間遅れで満開 ブルーメッセあきた

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
見頃を迎えているブルーメッセあきたのヒマワリ
見頃を迎えているブルーメッセあきたのヒマワリ

 秋田県潟上市昭和のブルーメッセあきたで、ヒマワリ約1万5千本が例年より2週間ほど遅れて見頃を迎えている。9月を目前にしたこの時期に、園内では真夏を思わせる黄色い花が咲き誇り、来場者の目を楽しませている。

 ヒマワリは園内の芝生花壇広場に植えられている。ブルーメッセによると、例年はお盆期間中が最盛期。しかし、今年は種をまいた6月上旬ごろの降水量が少なかった影響で開花が遅れたとみられる。今後、強風や大雨などで茎が折れなければ、9月中旬ごろまで観賞できるという。

お気に入りに登録
シェアする

イベントニュース