なかいち開業から10年(上)商業の苦境、好転ならず 仲小路は客層が広がる

有料会員向け記事

 秋田市中心部の再開発事業地区「エリアなかいち」が2012年の開業から10年を迎えた。空洞化の一途にあった中心街ににぎわいを取り戻そうと、事業費135億円の8割を市、国、県が負担し、商業施設や県立美術館、市にぎわい交流館などを整備。併せて市は周辺の商業の活性化に向け、事業者への出店補助なども実施してきた。こうした取り組みは、10年間で街にどんな変化をもたらしただろうか。2回続き。

 ◇  ◇

 なかいち整備前、中心市街地は商業の著しい衰退に歯止めが利かない状態だった。

 市中心市街地活性化基本計画(08~14年)によると、中心市街地の小売業の年間商品販売額は1994年に1千億円を超えていたが、2004年には500億円台となり、10年間で半減。小売業の従業員数や売り場面積、周辺の人の往来も一貫して減少基調にあった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース