東成瀬村、オミクロン対応ワクチン接種へ 来月半ば以降

会員向け記事

 秋田県東成瀬村議会は1日、9月定例会議を開会。提出案件は22年度一般会計補正予算案、21年度一般会計歳入歳出決算認定案など24件。会期は16日まで。

 備前博和村長は行政報告で、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した2価ワクチンの接種について、2回目接種完了者全員に対し10月半ば以降に実施することを想定して準備するよう国から通知があったと報告。「詳細が決まり次第住民へ周知し、実施していく」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース