IH2冠秋田工・大野 8カ月ぶりロードレースも貫禄の走り

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【高校】秋田工Aの3区大野(左)が4区池田優也に先頭でたすきをつなぐ
【高校】秋田工Aの3区大野(左)が4区池田優也に先頭でたすきをつなぐ

 高校を制した秋田工Aは、8月上旬の全国高校総体で陸上男子800メートルと1500メートルの2冠に輝いた大野聖登(きよと、3年)が3区(8・1075キロ)を走った。


 春先に右すねを疲労骨折し6月下旬の全国男鹿駅伝は出場を見送ったため、ロードレースは昨年の全国高校駅伝以来。高橋正仁監督から1キロ3分5秒のペースを指示され余裕を持ってレースを進めたが、それでも他を寄せ付けない貫禄の走りだった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース