時代を語る・武田英文(12)忘れ難い「四八豪雪」

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
妻佐知子と京都へ新婚旅行=昭和54年3月、後ろは銀閣寺
妻佐知子と京都へ新婚旅行=昭和54年3月、後ろは銀閣寺

 私が県庁入りした昭和46(1971)年当時、県の林業試験場と併設の林業研修所は大館市にありました。試験場は23年、戦後間もなく設立された「県木材工業指導所」が前身。大館をはじめ、県北の米代川流域の林業がいかに盛んだったかを物語っています。

 河辺町(現秋田市、現在の国際教養大敷地)にあった林木育種場で3年間、種や苗木の品種改良に従事。49年春、大館の林業試験場育林科に移りました。今度の仕事は文字通り「木や林をいかに育てる科」です。最も印象深いのは「雪害研究」。48年から49年にかけて「四八豪雪」に見舞われたからです。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース