藤里町、大雨の農業被害約1千万円 コメやリンドウなど

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県藤里町議会は13日、9月定例会を開会した。提出案件は22年度一般会計補正予算案、21年度各会計決算認定案など22件。このうち、義務教育学校藤里学園の工事請負契約締結案、22年度一般会計補正予算専決処分など10件を可決、承認した。会期は22日まで。

 佐々木文明町長は行政報告で、8月上旬の大雨による農業関係の被害状況について、コメ33ヘクタール、リンドウ0・3ヘクタール、ソバ2・8ヘクタールで土砂流入や冠水に遭ったほか、用排水路の決壊などが発生したと報告し、現時点の被害額は約1千万円になるとした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース