ブラウ才藤「全員で押し込んだ得点」 粘り強く守り難敵撃破

有料会員向け記事

【東京V―秋田】前半ロスタイム、秋田の才藤(右下)がこぼれ球を押し込んで先制ゴール=味の素スタジアム

 ブラウブリッツ秋田は持ち味の粘り強い守備で失点を防ぎ、得意とするセットプレーから得点。これまで磨いてきた武器が威力を存分に発揮し難敵を撃破した。


 今季、東京Vとの対戦は3度目。5月のホーム戦は3―3で引き分け、6月の天皇杯2回戦は1―2で敗れた。攻撃力のある相手は今回の対戦でも再三好機を創出したが、秋田の守備力が上回った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース