テント内で男性死亡、新潟 一酸化炭素中毒

 新潟県警は16日までに、同県妙高市の黒沢池ヒュッテ付近のテントから、埼玉県狭山市入間川3丁目の会社員小沢昭博さん(30)が意識不明の状態で見つかり、死亡したと発表した。15日に管理人が通報、死亡が確認された。死因は一酸化炭素(CO)中毒だった。

 妙高署によると、テント内に使用した痕跡のあるグリルがあったといい、消し忘れの可能性もあるとみている。15日午後3時25分ごろ、ヒュッテの管理人がテント内に横たわる小沢さんを発見し、通報。県警ヘリコプターで救助したが、約2時間半後に死亡が確認された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。