明桜、横手清陵が準決勝へ 秋季高校野球県大会

※写真クリックで拡大表示します
【大曲工―横手清陵】4回裏1死二、三塁、横手清陵の佐々木勇人(右)が左越え2点二塁打を放ちガッツポーズ=こまちスタジアム
【大曲工―横手清陵】4回裏1死二、三塁、横手清陵の佐々木勇人(右)が左越え2点二塁打を放ちガッツポーズ=こまちスタジアム

 第74回秋季東北高校野球県大会第6日は17日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝2試合を行った。明桜が大館桂桜に逆転勝ちし、横手清陵は大曲工を突き放した。18日に同スタジアムで準々決勝の残り2試合を実施し、4強が出そろう。

 ▽準々決勝
 明 桜 7―3 大館桂桜
横手清陵 5―2 大曲工

速報・試合日程・結果はこちら|秋田魁新報電子版

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース