中嶋監督、逆転Vへ「諦めていない」 オリク、首位とゲーム差なし

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ソフトバンクにサヨナラ勝ちし、中嶋監督と抱き合って喜ぶオリックス・宗=京セラドーム
ソフトバンクにサヨナラ勝ちし、中嶋監督と抱き合って喜ぶオリックス・宗=京セラドーム

 オリックスが3連勝。4―5の九回に吉田正の適時打で追い付き、延長十回は2死満塁から宗がサヨナラ打を放った。本田が2勝目。ソフトバンクは三回まで0―4の劣勢から一時は逆転したが、モイネロらが打たれて3連敗を喫した。

オ6―5ソ(19日) オリ3連勝、宗が決勝打

 優勝を争うソフトバンクとの今季最終戦で、昨季王者が意地を見せた。オリックスは九回2死から追い付き、延長十回にサヨナラ勝ち。3連戦に全勝し、首位とゲーム差なしとした。逆転優勝へ、中嶋監督は「誰一人諦めていなかった。これでもう一回チャンスはある」と言葉に力を込めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース