ハピネッツ新戦力躍動 シュート成功率向上、開幕へ弾み

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―SR渋谷】第1クオーター、秋田のキッドがミドルシュートを決める=タクミアリーナ
【秋田―SR渋谷】第1クオーター、秋田のキッドがミドルシュートを決める=タクミアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグの東北カップ最終日は19日、大館市のタクミアリーナで決勝を行った。秋田ノーザンハピネッツがSR渋谷との1部(B1)対決に95―75で快勝し、3大会連続7度目の優勝を果たした。

ハピネッツ、東北カップ3連覇 SR渋谷相手に終始主導権

 立ち上がりから猛攻を仕掛けた。秋田は第1クオーター早々にガード長谷川暢がミドルシュートを決めると、フォワードのキッドも続いて連続得点。さらに長谷川がドライブで守備を引き付け、フリーとなったキッドが3Pを沈めるなど理想的な形で得点を重ねペースを握った。

 チームの2点シュート成功率は66・7%に上った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース