100キロマラソン、安全対策万全に 医師やマタギも協力

有料会員向け記事

 大会では、参加者に安心して走ってもらおうと、安全対策にも万全を期している。

 実行委員会によると、大会当日はボランティアの住民が「保安スタッフ」としてコースに立ち、ランナーを見守る。医師と看護師を乗せたドクターカーや救護車も走り、目視で逐一ランナーの健康状態を確認するほか、コース各所には自動体外式除細動器(AED)を設置。レースに参加する医師には「ドクターランナー」として登録してもらい、救護対応の際には協力を求めるという。

大雨の被害状況を確認する実行委員会のスタッフ=仙北市西木町上桧木内の国道105号

 秋田県北秋田市でクリニックを営む医師奈良正人さん(74)は、医療担当として第1回大会から携わってきた。レース中は自ら車を運転してコースを回り、ランナーの健康状態をチェックしている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース