由利本荘市の荘司伸子さん、仕事を生きがいに 障害者事業所で施設長

連載:豊かに生きる
有料会員向け記事

職員と談笑する荘司さん

 利用者約20人が黙々と作業する障害者福祉サービス事業所「はまなす会ゆうゆう」(秋田県由利本荘市西目町出戸)の一室。「おはよう、お疲れさま」。利用者に優しく声をかけるのは、施設長の荘司(しょうじ)伸子さん(87)=西目町出戸=だ。

 荘司さんは1999年、「自宅で生活する障害者が集える場をつくりたい」と、ほぼ全額自費で「ゆうゆう」を開設した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース