安倍氏国葬当日、県庁で半旗掲揚へ 佐竹知事「礼儀として」

※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 佐竹敬久・秋田県知事は20日の県議会一般質問で、安倍晋三元首相の国葬当日に県本庁舎と県地域振興局で半旗を掲揚する考えを示した。職員に黙とうは求めない。

 27日に行われる国葬には佐竹知事も参列する予定。本会議終了後の取材に対し「国葬であろうとなかろうと、礼儀として半旗を掲揚する」と説明した。その上で「半旗は県としての弔意を示すもの。黙とうなどは個人の自由だ」と話した。弔意を示すことに関し、県から市町村などに対応を要請することはないとした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース