県内初の新ワクチン接種、鹿角市で始まる 175人にファイザー製

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
かづの厚生病院で新ワクチンの接種を受ける市民(左)
かづの厚生病院で新ワクチンの接種を受ける市民(左)

 新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新ワクチンの接種が21日、鹿角市で始まった。市内10カ所の医療機関で順次個別接種がスタートし、10月1日にはホテル鹿角で集団接種を行う。秋田魁新報社のまとめでは、県内市町村での新ワクチン接種は同市が初めて。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース