夜の水族館で「死」を考える 池袋のサンシャイン水族館

※写真クリックで拡大表示します
ミズダコの展示解説パネルのイメージ
ミズダコの展示解説パネルのイメージ

 水族館の生き物たちが直面する「死」をテーマにした夜間特別イベント「終わりは始まり展 生き物たちの終焉」が、東京・池袋のサンシャイン水族館で9月30日から開かれる。12月18日まで。

 卵を守って一生を終えるミズダコなど、生き物の死と誕生を巡るユニークな生態をパネルで解説。絶滅危惧種チュウゴクオオサンショウウオの展示を通じて、生物にとって「究極の死」である絶滅について考える。

 海中に投棄されたタイヤが原因で、ヤドカリなどの生き物が大量死に追い込まれる仕組みを模型で紹介するコーナーもあり、海の環境問題に対する意識を高められる。

 午後6時15分~9時開催、不定期休業。一般2600円など。問い合わせは同館、電話03(3989)3466。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース