雲昌寺のアジサイ救え 炭疽病、弱い紫外光で発生抑制

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
炭疽病に冒されたアジサイの葉
炭疽病に冒されたアジサイの葉

 カビが原因の病気・炭疽(たんそ)病の被害が拡大している男鹿市北浦北浦の雲昌寺のアジサイを守ろうと、県立大生物資源科学部の戸田武准教授(47)=農学=が研究を進めている。アジサイの葉に殺菌効果などがある弱い紫外光(UV-B)を当てることで農薬を使わずに病気を抑制できることを発見。今後、実用化を目指す。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース