横手市議会、インフラ整備要望決議案を可決 生活基盤道路など

会員向け記事

 秋田県横手市議会は22日、22年度一般会計補正予算案、21年度各会計の決算認定案など29件を可決、認定。議員発議の「市民の最低限の生活を守るためのインフラ整備を求める決議」「地方財政の充実・強化を求める意見書」の2案を可決して閉会した。

 決議は生活基盤道路整備などに関し「地域の要望に対応できていない箇所があまりに多い」として、市に重点的な予算配分と体制確保を求める内容。意見書は採択した陳情に基づき、地方への十分な財政措置を国に求める内容。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース