作曲家の彩木雅夫さんが死去 「長崎は今日も雨だった」

※写真クリックで拡大表示します
彩木雅夫さん
彩木雅夫さん

 「長崎は今日も雨だった」などのヒット曲で知られる作曲家の彩木雅夫(さいき・まさお、本名新居一芳=あらい・かずよし)さんが16日、肺炎のため死去した。89歳。北海道出身。密葬を行った。喪主は長男弘章(ひろあき)氏と長女蛯子有香(えびこ・ゆか)さん。

 音楽葬を11月3日午後1時から、札幌市中央区南十条西3の1の1、札幌パークホテルで開く。

 北海道放送(HBC)に勤務しながら作曲家として活動。森進一さんの「花と蝶」、内山田洋とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」、殿さまキングスの「なみだの操」など、1960~70年代を中心に計200曲以上を発表した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。