大谷14勝、ルース上回る 日本勢4人目の200奪三振

※写真クリックで拡大表示します
ツインズ戦の4回、三振を奪い日米を通じて初のシーズン200奪三振を達成したエンゼルスの大谷翔平=23日、ミネアポリス(共同)
ツインズ戦の4回、三振を奪い日米を通じて初のシーズン200奪三振を達成したエンゼルスの大谷翔平=23日、ミネアポリス(共同)

 【ミネアポリス共同】米大リーグは23日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はミネアポリスでのツインズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、5回0/3を3安打2失点で14勝目(8敗)を挙げた。大谷は「14勝、34本塁打」とし、1918年にベーブ・ルースがマークした「13勝、11本塁打」を超えた。

 7三振を奪った大谷は日米を通じ自身初となるシーズン200奪三振を達成した。メジャーの日本選手では4人目。打者では4打数1安打1打点で試合は4―2だった。

 カージナルスのプホルスがドジャース戦で、史上4人目の通算700号本塁打を放った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。