銃撃容疑者描いた映画を緊急上映 足立氏、国葬に合わせ特別版

※写真クリックで拡大表示します
映画「REVOLUTION+1」より
映画「REVOLUTION+1」より

 日本赤軍の元メンバーで映画監督の足立正生氏(83)が今夏、安倍晋三元首相銃撃事件の山上徹也容疑者(42)をモデルにした新作を撮った。本編の公開は年末以降の見通しだが、27日の国葬に合わせ特別版(約50分)を緊急上映する。足立氏は「容疑者を英雄視してはいけないが、彼の内面に迫りたかった」と話す。

 タイトルは「REVOLUTION+1」。事件発生直後に「容疑者がなぜ事件を起こそうと決心したのか、映画で表現したい」と思い立った。井上淳一氏と共同で脚本を書き、8月下旬から9月上旬にかけ撮影した。

 山上容疑者をモデルにした「川上」を演じたのは俳優のタモト清嵐さん。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。