Mマルケスがポールポジション オートバイの日本グランプリ

※写真クリックで拡大表示します
モトGPクラス予選でポールポジションを獲得したマルク・マルケス=モビリティリゾートもてぎ
モトGPクラス予選でポールポジションを獲得したマルク・マルケス=モビリティリゾートもてぎ

 オートバイの世界選手権シリーズ第16戦、日本グランプリ(GP)は24日、栃木県モビリティリゾートもてぎで予選が行われ、最高峰のモトGPクラスでマルク・マルケス(スペイン、ホンダ)が2019年の日本GP以来となるポールポジション(PP)を獲得した。

 日本勢はスポット参戦の長島哲太(ホンダ)が19番手、津田拓也(スズキ)が21番手につけた。中上貴晶(ホンダ)は最後尾の25番手。

 新型コロナウイルスの影響で日本GPの開催は3年ぶり。決勝は25日に行われる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース