県境区画の早期整備を にかほ市で日沿道建設促進大会

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
早期の道路整備を求める決議を採択した建設促進大会
早期の道路整備を求める決議を採択した建設促進大会

 日本海沿岸東北自動車道の山形・秋田県境区間建設促進大会が24日、にかほ市三森の仁賀保温泉いちゑで開かれた。建設中の遊佐象潟道路(にかほ市象潟町―山形県遊佐町、2区間計17・9キロ)の早期開通を図ることをはじめ、国や関係機関に要望する7項目を決議した。

 大会はにかほ、由利本荘、秋田の本県3市と、山形県の酒田市と遊佐町で組織する建設促進期成同盟会(会長・市川雄次にかほ市長)の主催。各自治体の代表者ら約80人が出席した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース