日本代表、エクアドル戦へ調整 遠征先のドイツで

※写真クリックで拡大表示します
エクアドル戦に向け、調整する鎌田(中央)ら=デュッセルドルフ(共同)
エクアドル戦に向け、調整する鎌田(中央)ら=デュッセルドルフ(共同)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】開幕まで2カ月を切ったサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会を控えてドイツ遠征中の日本代表は25日、W杯出場国のエクアドルとの国際親善試合(27日)に向けてデュッセルドルフで大半を非公開として調整した。

 練習冒頭では鎌田(アイントラハト・フランクフルト)や長友(FC東京)らがリラックスした表情で、ボール回しなどで体をほぐした。右足痛の前田(セルティック)は参加せず、23日の米国戦で背中を痛めたGK権田(清水)は離脱した。

 エクアドル戦がW杯本大会のメンバー決定前最後の強化試合となる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。