新型コロナのオミクロン株対応ワクチン 県内7市町で月内開始

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した新ワクチンの接種が秋田県内で始まった。秋田魁新報のまとめでは、21日の鹿角市を皮切りに11月までに全市町村で開始される見通しだ。感染症に詳しい医師は「今流行しているウイルスに有効なワクチン。できるだけ早めに接種してほしい」と呼びかけている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース