エスカレーター歩かず止まって 埼玉県条例が施行1年

※写真クリックで拡大表示します
エスカレーターの安全利用を呼びかける埼玉県の大野元裕知事=26日午前、JR浦和駅
エスカレーターの安全利用を呼びかける埼玉県の大野元裕知事=26日午前、JR浦和駅

 エスカレーターでの転倒事故などを防ぐため、歩かず立ち止まって乗るよう利用者に努力義務を課す埼玉県の条例が施行1年となるのを前に、大野元裕知事らが26日、JR浦和駅でチラシを配り、安全な利用を呼びかけた。

 大野知事は「今日も歩いている人はいたが、ある程度浸透してきたと感じた。忙しい時間帯だが、怖い思いをする障害者や妊婦らも安心して駅を利用できるよう、皆で立ち止まってエスカレーターを使ってほしい」と記者団に話した。

 条例は全国初で2021年10月1日に施行された。利用者に立ち止まって乗ることを求め、エスカレーターの管理者には利用方法の周知徹底を要請している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。