東証大幅続落、2万7千円割れ 景気後退懸念で722円安

※写真クリックで拡大表示します
東京証券取引所
東京証券取引所

 連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は22日比722円28銭安の2万6431円55銭で、7月19日以来約2カ月ぶりに2万7000円を割り込んだ。主要国の中央銀行で利上げの動きが相次ぎ、世界景気が後退する懸念から前週末の米国株が下落した流れが波及。半導体などハイテク銘柄を中心に全面安となった。

 東証株価指数(TOPIX)は51・84ポイント安の1864・28。出来高は約15億2600万株だった。

 23日のニューヨーク市場終値が約3カ月ぶりに節目の3万ドルを割り込んだ。東京市場もこの流れを引き継ぎ、幅広い銘柄が売られた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。