国葬差し止め、却下確定 最高裁、仮処分認めず

※写真クリックで拡大表示します
最高裁判所=東京都千代田区
最高裁判所=東京都千代田区

 安倍晋三元首相の国葬に反対する市民団体が、関連予算の執行差し止めなどを求めた仮処分の申し立てについて、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は、市民団体側の特別抗告を棄却する決定をした。22日付。申し立てを却下した東京地裁、東京高裁の判断が確定した。裁判官5人全員一致の結論。具体的な理由は示さなかった。

 市民団体「権力犯罪を監視する実行委員会」の岩田薫共同代表は「憲法判断しなかったことは残念だ」とコメントした。

 東京地裁は8月2日の決定で、公金支出により思想良心の自由が侵害されることはないとして退けた。東京高裁も8月29日の決定で市民側の抗告を退けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。