双葉町初の災害公営住宅が完成 全町避難解消、10月入居へ

※写真クリックで拡大表示します
福島県双葉町に完成した町営住宅=26日午後
福島県双葉町に完成した町営住宅=26日午後

 東京電力福島第1原発事故による全町避難が解消した福島県双葉町に、災害公営住宅を含む町営住宅25戸が完成し、26日、入居者に鍵が引き渡された。10月に入居が始まる。災害公営住宅が整備されるのは町内初。

 町は特定復興再生拠点区域(復興拠点)として避難指示が解除されたJR双葉駅西側で住宅を整備中。全86戸を来年10月までに建設する。今回完成した25戸のうち8戸は帰還者向けの災害公営住宅で、残る17戸の再生賃貸住宅は転入者も入居できる。18戸は既に入居が決まっている。

 町役場で26日に式典があった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。