日本、事実上1次リーグ敗退 バスケット女子W杯

※写真クリックで拡大表示します
日本―フランス 第1クオーター、競り合う渡嘉敷(右)=シドニー(共同)
日本―フランス 第1クオーター、競り合う渡嘉敷(右)=シドニー(共同)

 【シドニー共同】バスケットボール女子のワールドカップ(W杯)第5日は26日、シドニーで行われ、1次リーグB組第4戦で世界ランキング8位の日本は同6位のフランスに53―67で敗れた。日本は1試合を残して1勝3敗の勝ち点5にとどまり、1次リーグ敗退が事実上決まった。

 1次リーグは6チーム中、1~4位が準々決勝に進む。国際連盟の規定でリーグ戦の勝ち点は勝ち2、負け1、没収試合0。B組は3勝1敗のカナダ、フランス、オーストラリアが勝ち点7で、最終戦に出れば同8以上で日本は上回れない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。