台風17号発生、小笠原へ 本州からは離れる見込み

 小笠原諸島・父島の南の海上で26日、台風17号が発生した。北寄りに進み、27日未明から昼前にかけて同諸島に最接近する見通し。気象庁は28日にかけ、大雨による土砂災害や強風、高波に警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、台風は最接近後、進路を東寄りに変えて本州から離れ、30日までに日本のはるか東で温帯低気圧になる見込み。小笠原諸島の27日午後6時までの24時間予想雨量は150ミリ。27日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)、波の高さは5メートル。28日の波は4メートル。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。