阿部一二三「パリにつなげる」 世界柔道へ抱負、斉藤立も闘志

 柔道の世界選手権(10月6日開幕・タシケント)男子日本代表が26日、本番前最後の強化合宿拠点とする東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で記者会見に臨み、男子66キロ級で昨夏の東京五輪金メダルの阿部一二三(パーク24)は「世界一になってパリ五輪につなげたい」と抱負を語った。

 五輪王者の故斉藤仁氏の次男、斉藤立(国士舘大)は世界選手権初出場。期待を集める20歳の大器は「パリ五輪ばかりを見るのではなく、一つ一つの試合に命を懸けて勝ちにいく」と闘志をみなぎらせた。

 昨秋就任後、初の世界選手権となる鈴木桂治監督は全7階級制覇の目標を設定した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。