「空飛ぶ車」新型機を発表 スカイドライブ、万博目指す

※写真クリックで拡大表示します
スカイドライブの空飛ぶ車「SD―05」のイメージ(同社提供)
スカイドライブの空飛ぶ車「SD―05」のイメージ(同社提供)

 人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の開発を手がける新興企業、スカイドライブ(愛知県豊田市)は26日、2025年大阪・関西万博での導入を目指し、新型機「SD―05」のデザインを発表した。万博開催時は大阪ベイエリアで短距離輸送を担う「エアタクシー」としての活用を見据え、24年度から試験飛行を行う計画だ。

 新型機は乗客とパイロットの計2人乗り。電動で、12のモーターとプロペラで駆動する。最大航続距離は10キロ、最高巡航速度は時速100キロ、飛行時間は5~10分を見込む。白を基調とした流線形で、サイズは全長と全幅がそれぞれ9・4メートル、高さが2・7メートル。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。