共産幹部、国葬中止を要求 「憲法違反だ」と批判

 共産党の小池晃書記局長は26日の記者会見で、安倍晋三元首相の国葬に関し「近づけば近づくほど、反対の声が増えている。今からでも遅くはないから、中止を決断すべきだ」と述べた。共産の対応に関し「憲法違反だと批判している以上、出席の選択はあり得ない」と重ねて強調した。

 同時に、岸田文雄首相による弔問外交に関し「そもそも国葬でなくても、できたのではないか」と疑問視。社民党の福島瑞穂党首も会見で「国葬を取り消すよう求める。強行しないでほしい」と訴えた。

 一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は津市での会合で、国葬に関し「一定の基準作りに取り組むべきだ」と語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。