林外相、領事「違法な活動なし」 駐日ロシア大使に謝罪要求

※写真クリックで拡大表示します
ウラジオストクの日本総領事館の領事拘束を受け、取材に応じる林外相=27日午前、外務省
ウラジオストクの日本総領事館の領事拘束を受け、取材に応じる林外相=27日午前、外務省

 林芳正外相は27日、ロシア当局に一時拘束されたウラジオストクの日本総領事館の領事について「違法な活動を行った事実は全くない」と外務省で記者団に述べた。ガルージン駐日ロシア大使を外務省に呼び出し、森健良事務次官が厳重に抗議し、正式な謝罪と再発防止を要求したと明らかにした。

 松野博一官房長官は記者会見で、安全を最優先する観点から、28日までにロシアを出国する予定だとした。

 林氏は記者団に、領事は目隠しされて両手や頭を押さえ付けられるなど身動きが取れない状態で連行され、威圧的な取り調べを受けたと説明。「極めて遺憾で決して受け入れられない」とロシア側を批判した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。