コウノトリ2羽を放鳥、兵庫 養父市内で5月にふ化

※写真クリックで拡大表示します
飛び立つコウノトリ=27日午前、兵庫県養父市
飛び立つコウノトリ=27日午前、兵庫県養父市

 兵庫県養父市は27日、5月に市内でふ化した国の特別天然記念物のコウノトリ2羽を、順調に成長したとして放鳥した。曇り空の下、午前10時過ぎに木製の箱から1羽ずつ放たれると、見守っていた地元住民らから歓声が上がった。

 市環境推進課などによると、今回の2羽は東京都日野市の多摩動物公園で産卵され、近親交配を防ぐため、養父市でうまれた卵と交換しふ化した。担当者は「無事定着し、自然豊かな市のシンボルになれば」と話した。

 国内の野生のコウノトリは1971年に絶滅したが、兵庫県立コウノトリの郷公園などが人工繁殖や放鳥に取り組み、現在は国内に約300羽生息するとみられる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース