東大、メタバースに工学部開設 DX人材、10万人育成へ

※写真クリックで拡大表示します
メタバースに再現された東大安田講堂(東京大提供)
メタバースに再現された東大安田講堂(東京大提供)

 東京大はインターネット上の仮想空間「メタバース」を活用し、中高生や社会人にデジタル技術や起業家精神を教える「メタバース工学部」を開設した。人工知能(AI)などを活用するデジタルトランスフォーメーション(DX)人材の育成が狙い。東大工学部のサイトで募集し、10万人以上の受講者獲得を目指す。

 メタバースを利用し、居住地や年齢などを問わない新しい教育空間をつくる。中高生向けの講義は無料公開し、社会人には修了証を交付する教育プログラムを提供する。

 工学部長の染谷隆夫教授は「日本のDX人材の育成はかなり遅れており、女性研究者の数も圧倒的に少ない」と危機感を持つ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。