香川、国宝の本殿屋根焼ける 神谷神社に落雷

※写真クリックで拡大表示します
煙が上がる神谷神社の本殿=27日午後2時39分、香川県坂出市
煙が上がる神谷神社の本殿=27日午後2時39分、香川県坂出市

 27日午後0時15分過ぎ、香川県坂出市神谷町621、神谷神社で煙が上がっていると、宮司の中尾格さん(62)が119番した。県警や市消防本部によると、国宝に指定されている本殿に落雷があり、屋根が3分の1ほど焼けた。けが人はなかった。

 中尾さんは、神社脇の自宅で「ドーン」という大きな音を聞いて本殿に駆け付けた。神社には消火設備や通報装置があるが、作動しなかったという。「本殿に安置していたご神体を慌てて避難させた」と神妙な表情だった。

 市によると、神谷神社本殿は鎌倉時代初期の1219年に建築され、1955年に国宝に指定された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。