市民ら抗議「哀悼強制」 デモや集会、都内各地

※写真クリックで拡大表示します
国葬の反対集会でシュプレヒコールを上げる参加者=27日午後、東京都千代田区
国葬の反対集会でシュプレヒコールを上げる参加者=27日午後、東京都千代田区

 安倍晋三元首相の国葬に合わせ、東京都内では27日、抗議する市民によるデモ行進や集会が相次いだ。「国葬反対」と書かれたプラカードを掲げた参加者が、「国葬は憲法違反」「哀悼を強制するな」とシュプレヒコールを繰り返した。

 国会議事堂前では抗議デモがあった。主催の市民団体発表で約1万5千人が駆け付けた。浜松市の行政書士林弥千代さん(70)は「安倍政権では安保法制が強行採決された。国葬は反対」と強調した。

 日比谷公園から東京駅まで歩いた別のデモには約2500人(主催者発表)が参加。行進前には芸人の松元ヒロさんが演説し、「困っている人に税金を使って」と訴えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。