日本、0―0で分ける エクアドルとの親善試合

※写真クリックで拡大表示します
日本―エクアドル 後半、エクアドルのE・バレンシア(13)のPKを止めるGKシュミット=デュッセルドルフ(共同)
日本―エクアドル 後半、エクアドルのE・バレンシア(13)のPKを止めるGKシュミット=デュッセルドルフ(共同)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)共同】サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは27日、ドイツのデュッセルドルフで行われ、日本はエクアドルと0―0で引き分けた。

 2―0で勝った23日の米国戦から先発11人全員を入れ替えて南野(モナコ)三笘(ブライトン)らが先発。連係が合わず押し込まれる展開だったが、後半に与えたPKはGKシュミット(シントトロイデン)が防いだ。

 11月20日に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会に臨むメンバー決定前の最終戦。世界ランキングは日本が24位で、W杯南米予選を4位で通過したエクアドルは同44位。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。