JR奥羽線鷹ノ巣―大館、10月8日ごろ運転再開へ 五能線・岩館―深浦は年内目指す

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
復旧工事が進められているJR奥羽線・糠沢―早口間=28日、大館市(JR秋田支社提供)
復旧工事が進められているJR奥羽線・糠沢―早口間=28日、大館市(JR秋田支社提供)

 JR秋田支社は28日、今夏の記録的大雨で区間運休が続くJR奥羽線・鷹ノ巣―大館間について、10月8日ごろに運転を再開する見通しだと発表した。約2カ月ぶりの復旧となる。五能線・岩館―深浦間は年内再開を目指すが時期は未定。同線深浦―鰺ケ沢間と、花輪線・大館―鹿角花輪間の再開見通しは、依然立っていない。

 奥羽線は8月の豪雨で土砂流入などの被害が約20カ所で確認された。このうち、北秋田市と大館市にまたがる糠沢―早口間では線路下の盛り土が幅約50メートル、高さ約8メートルにわたって崩落。8月12日からこの区間を含む鷹ノ巣―大館間を運休し、バスでの代行輸送を行っている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース