ハピネッツ古川主将「覚悟持って戦う」 今季開幕へ意気込み

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
佐竹知事(中央)と写真に納まる選手ら
佐竹知事(中央)と写真に納まる選手ら

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の秋田ノーザンハピネッツの選手らが28日、県庁を訪れ、佐竹敬久知事に今季へ向けた意気込みを語った。ガード古川孝敏主将は「昨季の経験を生かし、強い思いと覚悟を持って戦う」と語った。

 古川選手のほか、水野勇気社長、ブラスウェルヘッドコーチ(HC)代行、ガード中山拓哉選手らが訪問。ブラスウェルHC代行は「チームには(不在の)前田顕蔵HCがこれまで築きあげてきたものがあるので、それを引き継いで継続できるように頑張っていく」と語った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース