子育て費用、月額2500円増加 物価高が直撃

※写真クリックで拡大表示します
東京・渋谷の繁華街を行き交う人たち=2021年
東京・渋谷の繁華街を行き交う人たち=2021年

 明治安田生命保険は28日、0~6歳の子どもがいる男女の85・2%が「物価高で子育て費用に負担を感じている」と回答したとの調査結果を発表した。複数回答で聞いたところ項目別では58・4%がミルク代やベビーフードなど食費を挙げた。2022年の子育て費用の平均月額は前年比2505円増の3万9299円に達した。

 19年10月には幼児教育・保育無償化が導入されたが、明治安田総合研究所の小玉祐一氏は「物価高が幼保無償化の軽減効果をほとんど打ち消している」と指摘した。

 食費以外で負担に感じているのは「電気ガス代等」が36・5%、おむつなど「日用品」が35・7%で続いた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。