南紀熊野のジオパーク推薦見送り ユネスコが認定

※写真クリックで拡大表示します
世界ジオパークへの推薦が見送られた「南紀熊野」の橋杭岩=和歌山県串本町
世界ジオパークへの推薦が見送られた「南紀熊野」の橋杭岩=和歌山県串本町

 日本ジオパーク委員会は28日、貴重な地形や地質を持つ自然公園を国連教育科学文化機関(ユネスコ)が認定する「世界ジオパーク」について、「南紀熊野」(奈良、和歌山両県)の来年の推薦見送りを決めた。国内版の「日本ジオパーク」になっている「霧島」(宮崎、鹿児島両県)の対象地域拡大は認めた。

 同委員会は南紀熊野について、観光ガイドなど地元関係者間で「地質の国際的な価値の共有が不十分」と指摘。同じ地域にあるラムサール条約登録湿地や、熊野古道が有名な世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」との相乗効果を生み出していないとした。推薦は再来年以降になる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース