中国の新型空母が設備試験 装備取り付けも進展か

※写真クリックで拡大表示します
中国が進水させた3隻目の空母「福建」=27日、上海市(共同)
中国が進水させた3隻目の空母「福建」=27日、上海市(共同)

 【上海共同】中国が上海市で進水させた3隻目の新型空母「福建」が、28日までに設備の稼働試験を始めた。共同通信記者が現地で船体を確認すると、艦橋などに仮設の足場のようなものが多く見られた。就役に向け、装備の取り付け作業も進んでいるもようだ。

 国営中央テレビはドックから出た福建の全体の映像を報道。空母を停泊させ静止状態にし、設備を稼働させて運転状況を確認する「係留試験」を計画通りに展開していると伝えた。

 各種システムや武器の信頼性などの検証が主な目的だとし、航行に必要な装備の取り付け作業もおおむね完了したとしている。

 福建は2024年ごろに就役する見通し。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。