認知症新薬に悪化抑制効果確認 エーザイ、年度内に承認申請へ

※写真クリックで拡大表示します
製薬大手エーザイなどが開発中の「レカネマブ」(エーザイ提供)
製薬大手エーザイなどが開発中の「レカネマブ」(エーザイ提供)

 製薬大手エーザイは28日、記者会見を開き、米バイオジェンと開発中の認知症のアルツハイマー病に対する新薬「レカネマブ」について、最終段階の臨床試験(治験)で症状の悪化を抑制する効果を確認したと発表した。日本で本年度中に承認を申請し、2023年中の承認を目指す。

 レカネマブは病気の原因とされる脳内に蓄積して神経細胞を壊す「アミロイドベータ」を除去して効果を狙う仕組み。国内ではこれまでに症状を和らげる薬は実用化されているが、原因に直接働きかけ、進行を遅らせる薬は承認されていない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。