五城目高生、声かけ合い森山登山 新ルートにも挑戦

会員向け記事

 秋田県五城目高校(赤坂亨校長)の恒例行事「森山登山」が行われた。学校創立80周年を迎えた今年は、記念登山として新ルートにも挑戦した。全校生徒や教職員約170人が互いに声をかけ合いながら森山(325メートル)の第2高地(285メートル)を目指した。

 登山に先立って、体育館で登山道の整備などに取り組む地元住民らの団体「もっと森山をもりあげ隊」の荒川滋副代表が講演。森山の特徴や歴史、言い伝えなどを解説した上で、「森山は周囲に高い山がない独立峰で第2高地からは県内各地を見渡せる。天候に恵まれれば、青森県の岩木山を見ることもできる」と紹介した。

 生徒たちは22日午前10時ごろに学校を出発し、15分ほどで登山口に到着。学年ごとにまとまってスタートした。往路の岡本登山道は中盤に急斜面があるため、生徒たちはロープをつかんだり、斜面に手をつきながら一歩一歩着実に歩を進めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース