日中、首脳会談途絶え3年 29日、国交正常化50年

※写真クリックで拡大表示します
北京の天安門前に掲げられた日の丸と中国国旗=2006年
北京の天安門前に掲げられた日の丸と中国国旗=2006年

 日中両国は29日、国交正常化50周年を迎えた。新型コロナウイルスの世界的流行の影響もあり、両首脳の対面による正式会談は3年近く途絶えている。沖縄県・尖閣諸島や中国が自国領と主張する台湾を巡る対立は長期化が必至だ。中国の国政助言機関、人民政治協商会議の万鋼副主席は28日、松野博一官房長官と会い、習近平国家主席と岸田文雄首相が29日にお互いに祝電を送ると語った。

 首相は2019年12月の安倍晋三元首相以来となる、対面での習氏との首脳会談実現を目指す方針だが、具体的なめどは立っていない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。