日中、膠着下で国交50年 対話なくメッセージ交換

※写真クリックで拡大表示します
日中国交正常化50年を記念して開かれたレセプションで、あいさつする林外相=29日午後、東京都内のホテル
日中国交正常化50年を記念して開かれたレセプションで、あいさつする林外相=29日午後、東京都内のホテル

 日中両首脳は29日の国交正常化50周年に合わせてメッセージを交換した。岸田文雄首相は「日中は地域と世界の平和と繁栄に対して大きな責任を共有している」として、建設的で安定的な関係構築を呼びかけた。習近平国家主席は、新時代の要求にふさわしい関係づくりをけん引したいと表明した。メッセージは、経団連などが東京都内で開いた記念レセプションで代読された。日中首脳の対面会談は3年近く途絶えており、膠着状態。節目の記念日にも首脳間の対話はなかった。

 11月にインドネシアで開かれる20カ国・地域首脳会議などの国際会議で首脳会談が実現するかどうかが今後の焦点となる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。