ロシア当局、国境封鎖できず 動員逃れ続出も不満拡大懸念

※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ東部ハリコフで攻撃を受けた列車施設のがれきを片付ける作業員=28日(ゲッティ=共同)
ウクライナ東部ハリコフで攻撃を受けた列車施設のがれきを片付ける作業員=28日(ゲッティ=共同)

 【キーウ共同】ロシアの独立系メディア「メドゥーザ」は28日、ウクライナ侵攻を巡る部分動員を逃れるためロシアを出国する人が続出する中、市民の不満拡大を懸念する当局が国境を閉鎖できずにいると伝えた。プーチン大統領が部分動員を21日に表明後、近隣国に脱出を図る人々の流れが絶えない。

 メドゥーザによると、プーチン政権に近い情報筋は「脱出する人の多さを過小評価していた。国境を封鎖するのは困難だ」と述べた。国境に配備する治安部隊が不足し、暴動が起きれば抑止できないと指摘した。

 政権は部分動員に関する非公開の世論調査を実施したものの、好ましい結果ではなかったという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。